マンション 売る 築年数

築年数がどれくらいならマンションを売った方がいいの?
Line

築年数がどれくらいならマンションを売った方がいいの?


築年数がどれくらいならマンションを売った方がいいかと言うと、15年あたりをひとつの目安としてください。

中古のマンションを探している方の多くは、築年数が10年以内で探しています。

その際、ちょっと魅力的な物件があったとしたら、築15年までは許容範囲となるようです。

やはり、5年単位で考えるのでしょう。

そうなると、築年数を15年オーバーしてしまうと、それだけ売れる可能性も低くなってしまいます。

また、もうひとつの理由として、築年数が10年を過ぎた頃からリフォームの必要が出てくるからです。

リフォームでお金をかけるよりも、新しい所に引っ越しした方が、金銭的に得するケースもあります。

物件の価値は年々低くなっていきますので、もし売却を決めたのであれば、早く動き出すようにしましょう。

Line

築年数が古いマンションを売る際に注意する事ってある?


築年数が古いマンションを売る際に注意する事は、あります。

まず、一番の問題がリフォームするか、しないかでしょう。

築年数が古くなると、どうしてもいろいろな部分が傷んできます。

時には、間取りから全てリフォームしたくなる事もあると思います。

けれど、築年数が古いマンションの魅力は、価格が安い事です。

築年数が古いマンションに、部屋の美しさや快適さを求めていません。

築年数が古いマンションを購入したいと思っている多くの方は、購入後、自分好みにリフォームしようと考えているのです。

その為、少しでも見栄えをよくしようと、勝手にリフォームしないようにしましょう。

その分、販売価格が高くなってしまいます。

また、リフォームしないのであれば、設備の故障といったトラブルは、事前にきちんと報告しておきます。

契約が終了してから、給湯器が壊れていた、お風呂が水漏れする、といった事になったら大変です。

築年数が古いからこそ、気持ちよく売りたいものですよね。

Line

マンションを売るなら築年数が10年以内の方が高く売れるってホント?


マンションを売るなら築年数が10年以内の方が高く売れると言うのは、ホントです。

マンションの相場は、築年数が1年経過するごとに急激に下がっていきますので、築年数が浅い方が高く売れるのは当然ですね。

また、その他にも、一般的に築年数が10年以内の比較的新しいマンションの方が、人気が高い事もあります。

ただ、だからと言って築年数が10年以上だから売れない、といった事もありません。

築年数が10年以上でも、立地環境や設備によっては、新築マンションと変わらない値段で成約できるケースもあります。

諦めないで、とりあえず査定だけでも出してみましょう。


Line