マンション 売る ローン

ローンが残っていてもマンションって売る事ができるの?
Line

ローンが残っていてもマンションって売る事ができるの?


ローンが残っていても、マンションを売る事はできます

本来であれば、住宅ローンは住んでいる住宅を担保にして借りているお金です。

その為、その担保となる住宅を売るのであれば、当然ローンも全額支払わなくてはなりませんね。

けれど、全額支払えるのは、残っているローン残高よりもマンションが高く売れたケースや、不足分は預貯金から捻出できるケースぐらいです。

残っているローン残高よりも低い査定額となった場合、殆どがマンションを売却してもローンが残ってしまう事になると思います。

もし、新しい住宅を購入しての住替えの場合、金融機関と相談する事によって、不足した残りの住宅ローンをプラスした金額で、新しい住宅ローンを組む事ができます。

また、現在のローン返済が苦しくなってマンションを売却する場合、「任意売却」する事により、ローンを残したままでもそのマンションの抵当権を外し、売却する事が可能となります。

当然、残ったローンは、月々新たに決められた金額で返済する事になりますので、決してローンが無くなる訳ではありません。

その点は、注意してください。

Line

ローンが残っていてもマンションを高く売る方法ってある?


ローンが残っていてもマンションを高く売る方法は、あります。

もし、マンションの査定金額がローン残高よりも低くなってしまった場合は、任意売却を利用しましょう。

一般的に、ローンの返済に困って滞納してしまった場合、最終的には裁判所によって強制的に競売にかけられてしまいます。

けれど、競売で売却されてしまうと、その売却値段は査定金額より、大幅に低くなる事になります。

その前に、金融機関といったローン債権者と話し合い、任意売却できるようにするのです。

任意売却は、競売とは違い、普通のマンション売買と同じような手順でマンションを売却する事ができます。

その為、マンションを高く売る事もできるようになるのです。

Line

ローンの残高よりもマンションを売った金額の方が低い事ってある?


ローンの残高よりもマンションを売った金額の方が低い事は、当然あります

だったら売却しても意味がない、といった事になりますね。

ただ、ここであり得るのが、ローンを支払えなくなったケースです。

これ以上、そのマンションに住み続けていても、ローンが支払えないのであれば、売却するより仕方ありません。

売却する事によって、多少なりともローンの支払い残高を減らす事ができます。

その後、当然ですが、残ったローンの支払いは続けていく必要があります。

また、実家に戻るといった理由で、マンションを売却する事もあるでしょうが、同じようにローンの差額は残る事になります。

どちらにしても、マンションを売却したらローンは完済できる、といった保証はどこにもありません。

もし、査定額がローン残高ギリギリであった場合には、最終的に売却金額の方が低くなると覚悟しておいてください。

Line