マンション 売る リフォーム

マンションを売る際はリフォームしておいた方がいいってホント?
Line

マンションを売る際はリフォームしておいた方がいいってホント?


マンションを売る際はリフォームしておいた方がいいと言うのは、ホントです。

誰でも、壁紙が汚れていたり、トイレが汚かったりする部屋よりも、新築のように綺麗な部屋の方が好印象ですよね。

ただ、リフォームしているから高く売却できる、とは限りません。

同じ値段であれば、リフォームされている部屋の方が当然ながら早く売却できます。

けれど、リフォームしたからと言って、掛かったリフォーム費用分上乗せして高く売れるか?といったら、そうではないのです。

タバコのヤニが目立つ、ペットのニオイが染み付いている、といった場合には、クロスの貼り替え程度のリフォームはされる事をオススメします。

けれど、リフォーム費用分を上乗せして売却しようと思っているのであれば、大規模なリフォームではなく、軽度なリフォームに留めておいた方がいいでしょう。

Line

マンションを売る際はリフォームしていない方が早く売れるの?


マンションを売る際はリフォームしていない方が早く売れるかと言うと、それはケースバイケースです。

自分でリフォームする事を前提にマンションを探している方もいれば、すぐに住める状態のマンションを探してる方もいます。

ただ、どちらにしても販売価格が安い方が、早く売れる可能性も高いと言えるでしょう。

そうなると、リフォームして費用をかけるよりも、現状維持のまま値段を下げた方がいいかもしれません。

最近では、オンリーワンの空間を作る為に、自分でリフォームしたがる方も増えています。

部屋の状況にもよりますが、目立った傷や汚れがないのであれば、そのままにして値段を下げるようにした方が、早く売れるかもしれませんね。

Line

マンションを売る際のリフォームで注意した方がいい事ってある?


マンションを売る際のリフォームで注意した方がいい事は、あります。

それは、自分がいいと思ったリフォームを全てやらない、と言う事です。

リフォームしようと思うと、どうしてあれも、これも、と思ってしまいますよね。

クロスの貼り替えだけならまだしも、キッチンやお風呂まで入れ替えていたら、費用がいくらあっても足りません。

売却した後に住むのは、売り主ではなくて買い主です。

自分は良かれと思ってリフォームしたのに、他の人から見たらどうでもいい場所だった、なんて事もあります。

マンションを購入する人は、高級な部屋に住みたいのではありません。

最新の部屋に住みたいのであれば、新築のマンションを探します。

それよりも、手頃な値段で購入できるマンションを探しているのですから、くれぐれもリフォームは最低限にとどめるようにしてください。

Line