マンション 売る 売り出し価格

マンションを売る際の売出価格って誰が決めるの?
Line

マンションを売る際の売り出し価格って誰が決めるの?


マンションを売る際の売り出し価格は、もちろん売り主の意見が尊重されます。

けれど、その金額が相場とかけ離れていたり、競争相手のマンションが多く少しでも有利に交渉を勧めたりする為に、不動産業者が売り出し価格を決めるケースも多々あります。

不動産業者はその道のプロですので、大体いくらぐらいの値段をつければ、購入希望者の問い合わせがくる、といった事は分かっています。

その為、この値段で売却したい、といった強い希望もあると思いますが、できれば業者の意見を優先して考えるようにしましょう。

また、購入希望者が出てきた場合、必ず値下げ交渉が出てきます。

その際の値下げ分も考慮し、最初の売り出し価格は高めに設定する業者もいます。

売り出し価格のまま売却できるケースは、本当に少ないと言えますので、覚悟しておいてくださいね。

最初の売り出し価格は、近隣で売りだされている同じようなマンションよりも、多少値下げしておいた方が問い合わせも多くなるのが、一般的です。

Line

マンションを売る際には売り出し価格から値引きしないとダメ?


マンションを売る際には売り出し価格から値引きしないとダメ、といった事はありませんが、もう少しで成約する、といった場合には、値引きが決め手になる事が多いと言えます。

ほとんど購入に気持ちが傾いている時は、あとちょっと背中をひと押ししてくれる何らかの理由が欲しいものです。

そんな時に、多少であっても値引きの話が出れば、だったら購入しようと言う気持ちになり、成約まで行く事もあります。

もちろん、どうしても値引きしたくない場合もあると思います。

必ずしも、値引きが必要とは限りませんので、値引きできないのであれば、他の何かで付加価値を見つけるといいでしょう。

周辺の生活環境が便利であるとか、子育てには環境が適しているとか、部屋をとても綺麗に使っていたとか、探してみると意外と多く見つかるものです。

値引きだけがマンションを売る方法ではありませんので、業者に任せっぱなしではなく、自分でもアイディアを出すようにしてください。

Line

マンションを売る際の売り出し価格は査定額より高めに設定する?


マンションを売る際の売り出し価格は、査定額より高めに設定してある事が多いようです。

それは、購入希望者が現れた場合、有利に交渉を勧める為に、値引き分が予め上乗せされているからです。

ただ、あまりにも売り出し価格が高すぎた場合、肝心の内覧希望者さえ現れないケースもあります。

その為、売り出し価格の設定には、細心の注意を払うようにしてください。

また、売り出しを始めてから1ヶ月以上も何の問い合わせもないようなら、売り出し価格に問題があるせいかもしれません。

早急に担当者と話し合って、売り出し価格を下げるようにしましょう。

その際、販売戦略も始めから練り直すといいですね。

Line