マンション 売る 買取

マンションを売る際の買取ってどんな意味?
Line

マンションを売る際の買取ってどんな意味?


マンションを売る際の買取とは、売りたいマンションを不動産業者や買取専門の業者に、直接販売する事です。

一般的なマンションの売買と言うと、不動産業者が営業をかけマンションを買いたい第三者を募集し、最終的に仲介してくれる事による、売買が成立する、といったイメージでしょう。

その際、不動産業者には売買手数料を支払うだけですね。

けれど、マンションの買取は、直接その不動産業者や専門の業者にマンションを販売します。

マンションを購入した業者は、そのマンションをニーズに合わせてリフォームする事によって、値段を上乗せして第三者に販売して利益を上げる訳です。

時間も掛からないし面倒もない為、マンションを売却する際は買取がいい、と思われる方も多いと思います。

けれど、買取にはメリットの他に、当然デメリットも存在しているので、どちらが得なのかしっかりと理解してから選ぶようにしてください。

Line

マンションを売る際の買取にはどんなメリットがあるの?


マンションを売る際の買取には、次のようなメリットがあります。

・マンションをすぐに現金化できる
・内覧を受ける必要がない
・スケジュールを組みやすくなる
・リフォーム等を考える必要がない

まず、マンション買取の最大のメリットは、なんと言ってもすぐに現金が手に入る事です。

通常、マンションを売却しようと思っても、買い手が現れない限り、現金を手に入れる事は不可能ですよね。

それが買取であれば、契約がすぐに成立しますので、業者がすぐに現金を振り込んでくれます。

新しいマンションを購入する際には。とても便利でしょう。

また、買い手が決まっていますので内覧を受ける必要がありません。

内覧の度に掃除をしたり、時間を束縛されたりする事がありませんので、ストレスなく売却できます。

いつまでにマンションの受け渡し、いつまでに入金といったスケジュールも予め決められますので、今後の予定もきちんと立てる事ができます。

マンションが売れないと、リフォームといった大きなお金が出ていく不安も出てきますが、買取であれば問題ありませんね。

買取は、マンションの築年数が古かったり、立地に不安があったりして売却にかなり不安があるケースで、検討するといいでしょう。

Line

マンションを売る際の買取にはどんなデメリットがあるの?


マンションを売る際の買取には、次のようなデメリットがあります。

・売値が安くなる

買取の最大のデメリットが、売値が相場よりもかなり低くなる事です。

1割程度であれば許容範囲かもしれませんが、一般的には相場の2割から3割の値引きは当たり前のようです。

確かに、売り手としては何のストレスもなくマンションを売却できるのですから、多少安くなるのは仕方ないでしょう。

けれど、マンションの売買は、値段もそれなりに大きくなります。

次に新しいマンションを購入しようと思っているのであれば、2割から3割も安くなってしまうのは考えものですね。

買取には、メリットが多いように感じられるかもしれませんが、その全てのメリットも無くなるくらい、大きなデメリットがありますので、慎重に検討してください。

Line